MENU

調査・診断

いつでも安全で新鮮な“水”をお届けしたい。

健康志向の高まりと共にミネラルウォータの市場も拡大し“水”に対する関心とニーズが年々増し、安全性や新鮮さが求められていますが、特にマションなどでは、従来受水槽や高架水槽を経た新鮮とは言えない給水システムになっているのが現状です。おいしい水また、衛生面や維持管理など問題を抱えていると言えます。そこで、既設の受水槽や高架水槽を取り外し、水道配水管から直接給水させるシステムが広がっています。 これにより直接、安全でおいしい水が給水されると共に、水槽の維持管理費の削減、給水ポンプの電気料金が軽減、水槽撤去による跡地の有効活用など、様々な方面にメリットが生まれます。

アバウトトップ

調査・診断の流れ

- Flow -

1. 調査依頼

お客様とのご相談をし、わかりやすく業務内容のご説明~調査実施承認企業情報取り扱い説明

2. 調査・診断し、現状把握

環境状況を一括管理。その状況から問題点の抽出やデータファイル作成

3. 情報分析~計画案検討

分析をもとにソリューションアイデアを考察。社内計画立案会議を繰り返しマスタープランの図面作成

4. プレゼンテーション

改修工事のメリットをしっかりとご説明。工事手順や手配、自治体規制や法律調査などを通じお客様に納得いただけるプレゼンを

5. リニューアル~メンテナンス

工事完了のご報告。さらにその後を見すえた点検・メンテナンス環境の構築

作業内容

- Details -

劣化調査

給水管内面状況をファイバースコープ(内視鏡) より観察調査。
●使用管材 ●錆こぶ及び付着物の発生状態 ●ブリスターの有無 ●異種金属接触腐食の有無等をしっかりと調査いたします。

診断

テストピースと呼ばれる実際の管を取り出し。切断、縦割りにすることで、経年劣化からネジ部等の腐食状況を確認や、酸洗いにより錆を除去し劣化の詳細を診断。

調査診断報告・リニューアル計画立案

劣化状況を専門分野の担当が、様々な角度から分析、原因究明をすすめ検討、立案します。リフォーム工事は、大規模なものから部分的な改修など劣化状況により大きく異なります。住民の方々へ負担を最小限にとどめ、ご理解いただきながら、建物の資産価値向上を重視し進めて参ります。

リニューアル工事

「引替工法」と「パイプライニング工法」を採用。 既設の劣化した配管を全て撤去し、錆の発生しにくい材料を使い引替えたり、パイプを空気と研磨剤によるクリーニングや樹脂によるランニングを行います。

お気軽にお問い合わせください

- Contact -